HOME > 読むサルサ > SALSA COLUMN

GWインタビュー

踊ることによって、内なる生命力を呼び覚ました! 47歳でサルサにのめり込んだ元敏腕芸能プロデューサーの体からがんが消えた…… 生きるために踊ろう、踊りを通じて病を癒そう――。自らのがんを機に、"サルサ"という踊りの素晴らしさを提唱している人がいる。それが渡部洋二郎さんだ。渡部さんの生き方は、サルサの出合いとともに、めまぐるしく変わり始めた。

取材・文●吉田燿子

渡部洋二郎さん
「サルサ・ホットライン・ジャパン」代表
わたべ ようじろう 1948年生まれ。大学卒業後、大手芸能プロダクションに入社。
山下久美子、大沢誉志幸など数多くのミュージシャンの宣伝やプロデュースを手がける。
その一方で30代のときにサルサと出合い、サルサのおもしろさにのめり込み、自らも踊る傍ら、97年に現在の「サルサ・ホットライン・ジャパン」を設立、 サルサのPR活動を始める。2005年に膀胱がんが発覚。それを機に、「生きるために踊ろう」と"サルサ"の素晴らしさを提唱している

シリーズ がんと生きる

がんを機にサルサが  かけがえのない存在に
 生きるために踊ろう、踊りを通じて病を癒そう――。

そんな思いから、"ダンス・フォー・ライフ"を提唱している1人のがんサバイバーがいる。『サルサ・ホットライン・ジャパン』代表を務めるサルサダン サー、"ジョージ渡部"こと、渡部洋二郎さん(62歳)だ。
中南米や米国でラテン系移民を中心に人気が高まり、近年は日本でも熱狂的なファンが増えているサルサ。
渡部さんが本格的にサルサを習い始めたのは、47歳のとき。以来、サルサの魅力にとりつかれ、日本におけるサルサ普及の立役者として、イベント企画や PR事業に取り組んできた。
「人種や年齢、貧富の差を超えて触れ合えるのが、サルサという踊り。その本質はストリートダンスであり、人と人とのコミュニケーションです。サルサの楽曲 は実にロマンチックで、"1曲1曲に恋をする"といわれるほど。アップテンポの曲やスローな曲に合わせて、男女が互いの体温を感じながら、押したり引いた り回したりする。それはまさに非日常の世界で、1度はまったらもう病みつきです」
渡部さんにとってサルサがかけがえのない存在になったのは、4年半前の膀胱がんの発症がきっかけだったという。一時は死も覚悟したという渡部さん。その 一方で、「自分にはサルサしかない」と思いつめ、治療のかたわら、ただただサルサを踊り続けた。
そして病気と診断されてから4カ月――。その後の検査で、がん細胞が死滅し、もう既に体内に残っていないことが判明。その状態は4年半経った今でも続い ている。
もちろん治療による効果があったことは否めない。しかし、それだけとは思えない、と渡部さんは語る。とくにがんになってからの4カ月間、サルサに没頭し たことが、がんに対して何らかの影響を与えたのではないか、と感じているのも事実だ。では、サルサは渡部さんの病気、そして人生に何をもたらしたのか。そ の軌跡をたどってみたい。

波乱万丈の生い立ちを
経て、音楽の世界へ
渡部さんは1948年生まれ。東京・荒川区の町屋でオートバイ工場を経営する父と、湯島芸者の母との間に生まれた。
父はチャキチャキの江戸っ子で、 いわゆる"昭和成金王"の1人だった。渡部家の敷地にある広大なグラウンドで、ホンダと一緒に第1回のモーターショーを開催したこともある。そんな大金持 ちのお坊っちゃまとして、渡部さんは多くの女中にかしずかれて育った。
渡部さんの「洋二郎」という名前には、こんな命名の由来がある。母が秋田県横手市の高等女学校に在学中、作家・石坂洋二郎が教師として赴任してきた。母 は洋二郎に恋をし、その後を追うようにして上京。だが、うたかたの恋は破れ、母はモデルや芸者をして暮らしを立てるようになる。
「母は常々、『石坂洋二郎の小説"若い人"のモデルは私よ』と言っていました。上京して向島に住む石坂洋二郎を訪ねたらしいのですが、彼に妻子があること をはじめて知り、愕然としたそうです」
その後、渡部さんの父と出会って結婚。まもなく生まれた長男は、「洋二郎」と名付けられた。母は命名という行為によって、若き日の恋の記憶を封印したの だろうか。いずれにせよ、情熱的なロマンチストである母の気質は、名前とともに渡部さんに受け継がれることとなった。
だが、渡部家の栄華も長くは続かなかった。渡部さんが8歳のとき、父の会社が倒産。それからは「貧乏街道まっしぐら」で、学費にも事欠くような生活が続 いた。義兄の援助で大学に進学し、卒業後は芸能界最大手の渡辺プロダクションに入社。宣伝部に所属し、欧陽菲菲やテレサ・テンなどの外国人歌手から、沢田 研二などのグループサウンズや木の実ナナのミュージカル、さらには山下久美子や大沢誉志幸といったロック・シンガーに至るまで、幅広い芸能音楽シーンのプ ロデュースを担当した。世界中を駆け回り、あわただしい喧騒に身を置きながら、渡部さんは昭和の音楽シーンの最先端を疾走し続けたのだった。

運命に導かれた  サルサとの出合い

そんな渡部さんがサルサと出合ったのは、30歳ごろのことだ。70年代後半、都内の電車の中で、ある白人女性と知り合いになった。彼女は米国サンタバー バラの教員で、サルサを学校教育に採り入れる活動をしているという。当時米国では、メキシコ系移民の犯罪増加が問題となっていた。こうした子供たちを米国 社会に溶け込ませるため、小中学校の授業にサルサを採り入れたのだと、彼女は熱く語った。
「サルサとは単なる踊りではないの。人の心と心をつなぐ踊りなのよ」
そんな彼女の言葉は、渡部さんの心にサルサへの関心を芽吹かせた。
だが、渡部さんがサルサにのめり込んだ理由は、それだけではない。決定的な誘因となったのは、ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)だった。40代後 半のころ、渡部さんは仕事で行き詰まりを感じるようになった。プロデュースの仕事をするなかで、「時代と自分が合わなくなってきた」のだ。
数々のミュージシャンを成功に導いてきた自分の感性が、流行遅れになりつつある。その苦しさから心身に変調をきたし、自律神経失調症になった。
「自分の感覚が時代に合わなくなっていたから、もう現場を担当することはできない。それが寂しくて、本当に悩みましたね。これからの人生を一体どう楽しめ ばいいのか、と」

47歳でレッスンを始め、 サルサダンサーに

やり場のない思いをぶつけるように、渡部さんはどんどんサルサにのめり込んでいく。ある日本人の先生のもとで、本格的にサルサのレッスンを開始。とはい うものの、50代を目前にして1から何かを学び直すのは容易ではなかった。敏腕プロデューサーとして肩で風を切って歩いてきた男性が、初心者として教えを 請わなければならない。最初のうちは体も思うように動かず、プライドはズタズタだった。それでも続けられたのは「悔しかったから」、と渡部さんは振り返 る。持ち前の負けず嫌いを糧にしてレッスンに励み、渡部さんは年齢にも関わらず、当時でき始めたサルサクラブのクラブダンサーとしても一目置かれるように なっていく。
そのかたわら、渡部さんはボランティアでサルサの宣伝活動にも取り組み始めた。97年『ダンシング・ヒップス(現サルサ・ホットライン・ジャパン)』を 設立し、サルサのPRをスタート。その年の夏には、プエルトリコで開催された大会『第1回ワールド・サルサ・コングレス』にも参加。日本人のサルサファン として本場に乗り込み、現地のサルサファンをびっくりさせた。

膀胱がんが発覚し、 BCG療法を開始

渡部さんにとって、踊ることの意味を根底から覆すような出来事が起こったのは、それから8年後のことである。
57歳の夏から秋にかけて、渡部さんは頻尿に悩まされ、恵比寿のクリニックに3カ月ほど通院した。だが、頻尿の症状は止まる気配がない。紹介状をもらっ て広尾の日本赤十字医療センターの泌尿器科を受診したのは2005年11月のことだ。
目当ての医師は不在で、代わりに30代の若い医師が応対した。1週間後に、尿にがん細胞があるかどうかを調べる尿細胞診の結果を聞きに行くと、予期せぬ 答えが待ち受けていた。
「120パーセント、膀胱がんです」
さらに膀胱鏡検査を行ったところ、膀胱にがん細胞があることがわかったのだ。
「がんの宣告が、あれほどズシンと来るものだとは思いませんでした。それで大慌てでかみさんに電話して……。検査でこんなに簡単にわかるものなら、なぜ もっと早く検査してくれなかったのか――一瞬、恵比寿のクリニックの医者を恨みましたね」
気落ちしていたせいか、医師の言葉の否定的な響きも気になった。表在性膀胱がんと診断され、幸いなことに浸潤は認められなかったが、BCGによる膀胱内 注入療法を行うことになった。
「ところが、医者は『こんなことやったって意味がないんだ』、というニュアンスでね。『BCG療法による治癒率は20〜30パーセント。仮に効いたとして も、再発の可能性は高い。膀胱がんは膀胱を全摘するしか治る道はないんです。早く手術しましょう』という感じでした。こっちもサルサを踊ったりして突っ 張っているから『冗談じゃない』、と思いつつも、がんが思いのほか進んでいたらどうしよう、と。ネガティブな思いばかりが広がっていきましたね」

厳寒の玉川温泉での 思いがけない"再会"

セカンドオピニオンを求めて他の病院にも足を運んだが、「結果はあまり覚えていない」と渡部さん。日赤での治療とは別に、丸山ワクチンも試みた。エピッ ク・ソニーの創始者である丸山茂雄さんが、丸山ワクチンを開発した丸山千里博士の長男だった関係で、音楽業界には丸山ワクチンの信奉者が多いという。この 他、キトサンのサプリメントやニンジンジュースを飲用し、大好きなコーヒーもぷっつりと止めた。体の血流をよくするために、愛媛の職人が作った棕櫚製のた わしで体を洗うなど、低体温を改善するための努力も惜しまなかった。
この時期、渡部さんは代替療法としての温泉療法も試みている。全国からがん患者が集まることで有名な、秋田の玉川温泉を訪れたのは、告知から1カ月後の 12月のことだ。全国有数の豪雪地帯とあって、盛岡で新幹線から車に乗り換え、途中からは雪上車で現地に向かった。一面に雪と岩が広がる荒涼とした風景の 中に、緑の屋根のテントが3つある。ここで岩盤浴をすれば、50度前後の岩盤の熱と、鉱物の1種である北投石から発せられる微量の放射線により、がんの治 癒に効果があると信じられている。テントの外は、3メートルの雪が降り積もる零下10度の世界である。その厳寒のなかで、渡部さんは2時間近くも立ち尽く し、ただひたすら順番を待った。
その日は近くの旅館「そよ風」に宿をとった。出された料理に箸をつけると、なぜか懐かしさがこみあげてきた。実家が没落する以前、渡部家には秋田の角間 川町から大勢の女中が働きに来ていた。彼女らが作ってくれた"おふくろの味"が、ふと、記憶の隅から甦ったのである。
「うれしかったですねえ。後で聞いたんですが、秋田出身の母も、『玉川温泉はいいわよ』と言っていたことがあるそうです。何か縁を感じたというか、力づけ られるものがありましたね」
藁にもすがる思いではるばる訪れた、秋田の玉川温泉。そこで待っていたのは、久しく忘れていた故郷の味だった。

再検査でがん細胞が  死滅していることが判明

自分ががんになった原因を、渡部さんは「ストレス」と分析する。ストレスが原因なのであれば、そのストレスをなくすしかない。どうせ死ぬなら、好きなこ とを思いきりやって死にたい。そう考え、渡部さんは以前にもまして、ただひたすら踊ることに没頭した。当時の心境を、渡部さんはこう語る。
「どうせ長くは生きられない、僕にはもう踊りしかない、と思ったんですね。サルサでは男性が女性をリードしなければならないので、『この楽曲の世界をどう したらパートナーにうまく伝えられるか』ということで頭がいっぱいになる。踊っている間だけは、自分ががんだということを忘れられたんです」
こうして、以前にもましてサルサに没頭する日々が続く中、渡部さんの体の中で変化が起きる。告知から4カ月が過ぎたころ、再び膀胱鏡検査をしたところ、 4カ月前にあったがん細胞が死滅し、もう体内に残っていないことが判明したのだ。
(この4カ月間は一体、何だったんだよ……)
もちろん、治療による効果があったことは確かだろう。しかしそれだけではない、と渡部さんは感じている。
BCG療法に加えて、丸山ワクチン、温泉療法、サルサ……、代替療法を思いつくままに試した日々――。その中でもとくにサルサが、がんに何らかのよい影 響をもたらしたことは間違いない、と渡部さんは信じている。では、サルサの何が、がんにプラスに作用したのか。渡部さんはこう推測する。
「サルサの最大の特徴は、絶えず違ったパートナーと踊る点にあります。そこが、特定のパートナーを決めて競技をする社交ダンスと違うところです。見知らぬ 人と触れ合い、人類愛や平等に対する祈りを込めて踊る。そんなサルサには、ヒーリング効果という言葉では表せない、血がかよったエネルギーがあります。サ ルサを踊ることで、何かの力が僕の体内に芽生えた。その何かが生命力を呼び起こしてくれたのかもしれません」

生きるために踊ろう、 踊って病を癒そう

現在、渡部さんは3カ月に1度の尿細胞診を継続中。そのかたわら、『サルサ・ホットライン・ジャパン』代表として、東京並びに日本のサルサ・シーンを支 えている。海外から著名なダンサーを招いたり、メディアでサルサのPRをしたりしながら、さまざまなイベントを企画。定期的に開催される<サルサ・ホット ライン・ナイト(通称サルホナイト)>は、初心者も含めて毎回多くの参加者であふれ返る。
そんな渡部さんが力を入れているのが、冒頭でもふれた『ダンス・フォー・ライフ』だ。
これは、いわば「踊ることによって、内なる生命力を呼び覚ます」ためのイベントである。その試みが最初に行われたのは、07年の<ジャパン・サルサ・コ ングレス>(於:ZEPP東京)でのこと。このときは、渡部さんががん体験を告白したのを皮切りに、乳がんを患うサルサのインストラクターたちが、ステー ジ上で次々にカミングアウト。さらに、米軍基地から急きょイラクに派遣されることになり、当日イベントに参加できなかった、サルサ・ファンの米軍兵士の メッセージも読み上げられた。
「<ダンス・フォー・ライフ>とは、がんに限らず、心身の病や痛みを抱えるすべての人たちに向けられたメッセージです。それは、『生きるために踊ろうよ』 『踊って癒そうよ』という呼びかけなんです」
そう語る渡部さん。渡部さんによれば、サルサとは健康回復のみならず、人間性回復のための処方箋でもあるのだという。
「今はデジタル化やIT化が進み、人の温もりに触れる経験が決定的に欠けている。血の通ったコミュニケーションであるという意味で、サルサとは偉大なアナ ログの復活なんです。しかも、サルサは1曲ごとにフェロモンが出る踊りといわれている。サルサを踊ると、モテるようになりますよ」
最後の言葉に惹かれたわけではないが、土曜の夜、渡部さんが主宰するサルホナイトを覗いてみた。会場は熱気にあふれ、老いも若きもが一体となって、気持 ちよさそうに体を動かしている。どこか昭和の歌謡曲にも似た、サルサ音楽の調べ。その響きはどこか懐かしく、人肌の温もりに満ちていた。

 

このページのトップへ 次のページへ コラムのTOPに戻る