HOME > 読むサルサ > SALSA COLUMN

GWと御近所さんの菊田一家の温泉紀行

※モニカのひとりごと(2/4GW日記) BY GW
※GWのひとりごと BY GW(2/9 GW日記)
※渡部さんと一緒に行った温泉紀行(2/18携帯チキチキ日記) BY MITSUE

登場人物紹介

GW-親も子もない頑固なサルサ爺い たまに罪ほろぼし行動を発作的にやる。

菊田光枝ー 一見恐そうな姉さん、でも、世界に名だたるサルサダンサー&インストラクター&シングルマザー、モニカの母。 ものごと、、、を知らない。

モニカ(漢字名=百丹佳)ー光枝の最愛のベビー!おてんば!小学校に2010 の3月より入学!

R君=涼さんーーMITSUEのBF 温かく光枝、モニカを見守ってくれる。でも喧嘩 も、、、あるらしい。

簡単なあらすじ

涙ならではの愛の感動巨編!ではない。むしろ 今の時代のホームドラマのよう。ただ登場人物にちょっぴ ”く せ ”がある。

癌が消えて元気な還暦過ぎ爺いGWが、勝手に”罪滅ぼし”と誘った温泉ドライブツアー、、。誘われたのは、小学校入学の娘を持ち、育児中心の生活に徐々に変更の世界的サルサダンサー光枝一家。光枝の娘モニカとR君。

楽しかったのか?楽しくなかったのか?ようくわからないツアー!?

しかも 行き先は東京から1時間で行ける大自然!犬、猫、羊(実際は山羊さん、光枝は羊との区別わからず!)馬、川辺の水コーヒー屋、なんだか不思議な村での忙しくて記憶に残らない程の訳わからずの一日が、全く なんだかわからないままに描かれてる長編ドキュメンタリーホームドラマスペシャル!

まあ、とにかく読んでください。

GWは何を思い、母光枝は何を思い、一体!モニカは何を思うのか!?

GW短編:モニカのひとりごと (2010/2/4 GW日記より)

あたしの名前は百丹佳、、、へへ、、むずかしい字でしょ?!?

”モニカ” って読むんだよ。

もうすぐ おとなだよ。
だって小学校にはいるんだもん。

モニカはママと一緒に来週 ドライブに行くんだあ。
そして、ドライブであたしの大好きなお豆腐を買いに行くんだあ?。

あたしのママは料理がへたなの、 だからそのまま食べてもおいしいお豆腐を買って、 食べるんだあ?。

あたしのママはサルサを教えてるの。
あたしのママは友達がいっぱい、い?っぱい。だから、モニカとあそぶ時間があんまりなかったの。

でもね、ママはモニカとあそぶためにお仕事をへらしてくれるんだ?。モニカと もっとあそんでくれるって約束してくれた。
ママとモニカの指切り。
3月から、少し仕事をへらして、モニカと遊んでくれる。

あたしのママはLos Hombres Brillantesっていう、むずかしい名前のグループにもいて、そのグループの男の子達は、あたしといっ ぱい遊んでくれる。
あたしには、いっぱいパパがいるんだよ!

ママが一番好きだけど、いっぱいのパパもお豆腐もモニカは大好き!。
この前は、ママはおいしいお豆腐をこういうふうに食べたと、どっかにメールしてた。

ママ”鍋に湯葉(半分刺身)と油揚げは餅を中に入れて一個豆腐は湯豆腐で食べてしまいゆず豆腐はそのまま醤油で食べてしまいました。百丹佳はお豆腐が大好 きなので、半分以上百丹佳に食べられてしまい、ちょっと悲しかったです”

あたしのママの名前は MITSUE。

ママは、もっと、あたしにいっぱいおいしいお豆腐を食べられたのが、悲しかったみたい。
ママが『モニカ!一緒にお豆腐と温泉と牧場ツアーに行こう!』って。ママのBFも一緒だ!みんないっしょだ。
楽しいな!なんだか遠足みたい。

でも、一緒に行くのが、いつもモニカを抱っこしようとしてくる、変なおじいさん。
GWじじいって名前らしい。あの白いひげがくちゅぐったいんだ。

どうやら、GWじいさんは、サルサのおじいさんのようだけど、 モニカはGWじじいを、あんまし、好きじゃないんだ。
すぐに、せっきょうって言うの?えらそうにモニカに ”すぐに手をだしちゃだめ!”とか言うんだよ。

でも、おいしいお豆腐のためなら、ちょっと、モニカは我慢しなきゃいけないかも?なんだ。

ただ、ひとつ心配なのは、そのサルサおじいさんが連れてく牧場には、お馬さん、ドンキーちゃんって言うの?ちいさなお馬さんのロージーちゃん、山羊さん、大きな犬のさんちゃん、小さなビーグル犬、にゃんこたちがいるようなんだけど、さんちゃんてわんちゃんがすごくおおきくて、ワンワン!大きな声で叫ぶらしいんだよ。

モニカ、、こわくて、おしっこちびらないかな?ママも心配してくれてる。
でも、ちびっても、牧場のあとは、温泉に行くらしいから、すぐにきれいになる。
わーい!来週は、遠足だーい!

モニカはママと一緒ならどこでも幸せ。

百丹佳 モニカ(GW筆)

***********

注ーMITSUE--日本、いや世界を代表するSHJ公認サルサインストラクタ−,ダンサー、振付家の菊田光枝。
MITSUEのSALSA DIARY(レッスンスケジュール含む。)は、こちら!
http://azucar2.xsrv.jp/legacy/cgi-bin/mitsue/olive_diary.cgi

モニカの行く牧場はこちら!
http://www.horse-care.jp/

GW注ーーなお、このGW筆による”モニカのひとりごと”をGW日記に掲載するにあたって、母,光枝のメール

A MAIL FROM MITSUE TO GW

日記最高傑作です!!
私にとっては本当に百丹佳が思ってくれてるみたいな日記で嬉しかったです!さらに面白すぎぃ?

是非是非載せてください!
でもMITSUEや百丹佳に興味持ってない人にとってははつまらないかもしれませんが。。。
判断は渡部さんにおまかせします!

MITSUE

GGWのひとりごと (2010/2/9のGW日記より)

2/4の日記で、僕”モニカのひとりごと”ってのを書いた。

今日の日記は、その続編”GWのひとりごと”だ。

GWの癒しのドライブコースってのがある。
そのドライブには、今日のメインゲストのこの3月から小学校入学のモニカちゃん、そのママの世界的サルサダンサーの光枝、彼女のBFのR君(光枝の日記に登場)の3人が参加してもらい、出かけたのだ!

まずは、なんで、こういうドライブに行く事になったか?

それは光枝がモニカと、より母として一緒に時間を過ごすために、週の初めのレッスンを減らすと、僕は聞いていた。モニカはママともっと一緒にいたい。それなんい、僕も”そう言えば、僕もモニカにとってのママと過ごす大事な時間を盗んでいたのかな!?”って思った事から、、、。
僕はモニカになんだか悪い事をしてたような気がしてきて、モニカへの恩返しというか、僕の罪滅ぼしというか、なんだか、そんな気持になって、僕はモニカを中心に彼等をドライブに誘ったのだ。

モニカはとても楽しみにしてくれていたようだ。

光枝ママにも、僕のドライブコースを説明すると、このドライブコースの僕の言葉の中で、きらっと光る?光枝のリアクションがあった。

まずは、GWのお薦めコースとその反応

1、畑の中の自然食レストラン ボンレギューム
 (11時半オープン時に入らないともう入れない。地野菜がなんと、おいしい事か!)

2、渓谷
(ここでは、石投げって言うの?澄みきった川に薄い石を投げ、ぴょんぴょん飛ばすの、、。モニカはまだ子供だから出来ない。ママはどんくさいから出来ない。)

3、トトロとドングリ山
僕は、そのトトロって知らないんだけど、モニカは喜んでた。

4、川辺の水コーヒー屋さん
(ママの眼がきらっと光ったのは、そう!この水コーヒー、家出は缶コーヒーを箱買いしてる程コーヒーないと生きていけないと言う。)

ここは、多分 説明してもわかんないと思うけど、川辺の水コーヒー屋さんの説明ね。それは、車もあんまし通らない街道に古民家があり、その入り口にパイプ椅子と膝がけ毛布があり、それを川辺のたき火してるとこに持って行って、坐るの。そうすると、頼んだ水コーヒーが出てくるの。川辺の木にはりんごを置いてるので、奇麗な鳥、カワセミとかがやってくるの。

僕は、ここでモニカと遊んだ!ママ達が川辺のパイプ椅子に坐って、水コーヒーを飲んでる間に、僕は下の川でモニカと水遊びをしたのだ。

5、癒しの牧場
僕は、ここで都会の子のモニカが馬や山羊や犬,猫達と、この自然の中で遊んでもらいたいと願ったんだけど、それは叶わなかったようだ。オオカミのようなわんちゃんの”さんちゃん”という50キロ級大型シェパードがワンワンワン!したので、モニカは”ママーーー、、恐いよう”と泣いてしまった。でも、“自然と触れる事テーマ”は、一回目にしては成功!

6、渡辺豆腐店
モニカはどこでもバニラのアイスクリームを食べる。ここでは豆腐クッキーをお醤油をかけたバニラのソフトクリームにつけて食べる!という食べ方をモニカに教えた、、、が不思議そうな顔をされて、僕は傷ついた。

7、地元野菜販売所
これは、まあ”道の駅”のようなお店。僕は、ここのブルーベリー大福が好き。でも売り切れだった。

8、日帰温泉
光枝家族は、この”四季の湯”で混浴(湯あみという水着着用の混浴露天風呂)、僕は、そこから30分離れたGW行きつけの”玉川温泉”というきったねえアルカリ温泉へ。

モニカはこの段階で、ちゃんと遊んでくれたGWじいさんを信頼してくれたようで、僕の手をしっかり握り、僕が皆と違う温泉に行く、と言ったら、”それは許さないよ!”と逃がしてくれないようだったが、温泉入り口に動物の小屋があり、そっちに夢中になり、すぐに僕を解放してくれた。

僕は一日中誰とでも一緒にいるより、彼等だけの時間も必要だとも思ったし、きったねえ温泉のほうがひとりならいい!と、別行動をしたのだ。

それにしても、余りにも、一日にしては 充分過ぎる程のお遊びメニューだった。
モニカはここ数日は、この楽しかった自然体験を覚えているだろう。
ちょっとでもいい、、。

僕は、少しは モニカに恩返し?罪滅ぼし?が出来たのだろうか?
いや、多分 出来たね。
僕の健康診断の全ての再検査に,僕、パスできちゃったんだもん!少しは良い事すると、良い事あるのね!

渡部さんと一緒に行った温泉紀行(MITSUEの携帯チキチキ日記より)

月曜日渡部さんと百丹佳と涼さんと私で埼玉の温泉に行きました。
朝10時に渡部さんは車で家の近くまで迎えに来てくれて私達は旅立ちました…

車を走らせる事1時間半

渓谷についたんですよ。
渡部さんと涼さんは渓谷 渓谷って言ってるんですけど、勿論私はケイコクって字が渓谷なんて読む事さえ分かんないし、渓谷って意味もわからんないのでその時私は?がいっぱいでやや頭から?がはみ出すくらいでした。

渡部さんは百丹佳に分かりやすいように川があるんだよって…
『(; ̄Д ̄)ケッ!川があるって言ってくれれば分かるのに!』
って思ったが渡部さんと涼さんが渓谷の話で盛り上がっているのでそんな事を思っただけにしただけにしました。

渡部さんは着いたと言って車を降りたんですが、どこにも川なんて見当たらない…

渡部さん…とうとうボケたか…と思っていると、渡部さんは立ち入り禁止の柵をまたいで百丹佳の手をひいてスタコラ行ってしまいました。(っていうか立ち入り禁止なんですけど。。。)

私も続いて後を追いましたが、足場がちゃんとしてるわけではないので滑りそうで怖いです。お陰で80歳くらいのおばあちゃんみないな歩きかたになってしまい、渡部さん手をひくのが必要なのは『百丹佳じゃなくて私じゃよ』ってつぶやいていると涼さんは後ろから『おまえは老人か?』とナイスな突っ込み。

下へ降りてくととっても透き通ってる川発見!

渡部さんはちっちゃい石を投げては水面を弾じいて遠くへ飛ばしてる。

懐かしいなぁと思って自分も石を拾っては投げるが、水面に触れた瞬間『ドボンっ!』
結構難しい…

何度投げても百丹佳とあまり変わらない…ってここで百丹佳と張り合ってる時点で随分とレベル低い。

おかげでやや筋肉痛…

ちょっと動いたらお腹空いて4人でご飯…

とその前に読者に伝えたい出来事を書くのを忘れてたのでここで書かせてちょ

行きのインターでトイレ休憩をとったのですが、私はすかさず喫煙所に行ってタバコを吸いに行ったんですが、プレハブみたいな小屋で換気が全然よくないあげく壁はヤニだらけだったんですよ。

嫌だなぁと思いながら吸っていたら作業服を着た男の人が入ってきた。そしてスーツを着た男の人も入ってきた。

そして作業服の男の人は
『うぁ?煙いなぁ…』と苦笑した感じで喋る
そしてスーツの男の人が
『喫煙者でも新鮮な空気を吸いながら喫煙したいものですな』 って言ったのです

私は(さすが田舎だわ!(注意:因みにこのインターはまだ東京都内Mitsueは車で高速ちょっと走らせると東京ではないと思ってしまうらしい)赤の他人同士でもみんなフレンドリーなのね♪)と思い自分も勇気振り絞って

『本当に換気悪いですよねぇ』 などと声をかけてみた

そしたらその男の人2人は
冷めた感じで

『はぁ…』

えっ?

なぜ?

なぜ私には冷たいの?

って固まっていたら15秒後くらいに何でかが明らかになった。
他に同じ作業服着た男性数人とスーツを着た男の人が数人喫煙所に来て話始めたのだった。

しまった!
役割は違うがこの人達全員同じ会社で私だけが赤の他人だ!
カンペキにはめられたΣ(°Д°;!(別にはめてない)

そんなこんなでいつもの如くめっちゃ恥ずかしい思いをしたのですが、渡部さん
や涼さんには内緒にしておいた

でさっきの話に戻しますが、お腹空いて4人でご飯食べにいったの。
それでそこは開店してすぐ入らないと並んじゃって中々席に座れないのよ。
でも渡部さんはその事知っていたから、大丈夫、間に合ってすぐに席座れた。
畑のど真ん中にお店はあって、それでも口コミで色んな人が遠くから食べに来るんだから凄いよね。
私は魚のマニエル?あれ?ムニエル?。。。。(; ̄Д ̄)
とりあえずその魚料理を百丹佳と一緒に分けて食べましたよ。
これまた野菜が本当に美味しいの!!
食事を終えてから私たちは水だしコーヒーを飲みに行きました。

川の目の前にある水だしコーヒーを売ってるお店のオーナーさんと渡部さんは喧嘩してるので渡部さんは川で待っていました。
ここのお店は中でも飲めるけど、一番良いのは川を眺めながら外でデッキチェアーに座って新鮮な空気を味わいながら珍しい鳥と(その時は鳥は来んかった)川を眺めながらブランケットを膝にかけて飲む所が素敵なの!!
私水だしコーヒー大好きでね。
中野のブロードウェイに入ったらすぐ左にもお店あるんだけど、よく行ってたぐらい好きです。

そんでね。。。その川を眺める中飲むその水だしコーヒーすごぉおおおおおおおおおおおおおおおい美味しかったの!
しかもコーヒーにはメッセージが書かれている紙が張り付いていて
私のは「枝先の葉に露ひとつ キラッ☆キラッ☆」って書いてあって
涼さんのには「今年もホタルが見られるでしょうか?」
なんて書いてあるの。。。内容は意味不明だけど、なんかこういうのって嬉しいですよね。

私と涼さんさんは川を眺めながら老夫婦のようにコーヒーをすすり

その間渡部さんと百丹佳は。。。。

川で草に水を付けてはお互い水のしずくをかけあってます。。。
渡部さんは百丹佳が喜ぶくらいに「ぴゃっ ぴゃっ」って
でも百丹佳は容赦なく渡部さんの顔面に「ビシャビシャ!!」って水かけまくってる。。。。
あぁ?(>Д<)ゝ渡部さんすんません!!の心の中で叫んだのでした。
(実は結構笑える光景でしたけど)

そして飲み終わってグラスを片付けに行ってお金を支払おうとしたら
そこの店主さんは私に渡すおつり(小銭)を両手で持ってなんか拝んでました。

このおじさん?大丈夫?( ´D`)ノ

と思っていると

「冷たいお金って気持ち良いもんじゃないからね」

って彼はお金を私に渡すのに暖めてくれてたんです!!
感動ですね(>Д<)
渡部さんに話すと渡部さんそこのおいちゃん嫌いだから
「ケッ」って言われそうだからその時は言いませんでしたけど、私は感動したんですよ。

実はゆっくりこの日記書いていたら出来事から随分と日にちがたってしまったので行った順番はぐちゃぐちゃです。ごめんね。

で百丹佳はトトロが大好きでね(宮崎駿の映画)見に行ったの
行ったって映画じゃないよ。
本当にトトロがいるのよ。
いきなり山の所にぽつんとトトロが!

車降りて近くまでトトロまで接近すると枯れ枝で出来てるの!
沢山の枝の束で出来てるんだけど、百丹佳は「なんだ本物じゃないじゃん!」
って言ってつまらないから「夜になると動き始めるんだよ」って私が言ったらちょっとおののいていました。v( ̄Д ̄)v イエーイ
実はこの時私は何故かは分かりませんが、トトロの枝で出来た腕を引っこ抜いては楽しんでいました。
勿論これは渡部さんも涼さんも百丹佳も知りません。

そして私は太い木の枝を見つけましてね、それを拾っては山を壊そうと試みてみ
ました。
ざっくり山の土に木の枝をさしてはひっかくみたいに。。。
めちゃめちゃ楽しんでいると百丹佳が邪魔しにやってきた。
しょうがないから2人で山を崩していると
渡部さんが「おい!こら!山を壊すなっ!」って怒られました。

結構楽しかったんですけどね。。。

そして次は牧場に向かいました!
とっても可愛い牡馬さんにワンちゃん、猫ちゃん、羊さん、ドンキー?ロバ?のロージーちゃん。
でもみんな食事中であんまり相手にしてくれませんでしたがわんちゃんの『嵐』ちゃんは相手にしてくれました。
結構歳がいってるので歩くのがゆっくりで足がぷるぷるして足は開きっぱなしで可愛かったです。
牡馬さんはやっぱり近くによると怖いですね。でかいのなんの。
私牡馬さんを間近で見るのは幼稚園ぶりだと思うので大人になると牡馬さんを見るとイチモツばっかみるようになっちゃうのかなって自分が心配になりましたっていうか百丹佳も大人になったら牡馬さんのイチモツばっかみるようなギャルになるんだろうな。。
勿論そんな事は渡部さんや涼さんには言ってませんよ。
牡馬さんのイチモツばっか私は見てましたって言えませんからね。
途中で羊さんのお散歩につき合って歩いていくと、栗が落ちていました。
でも中身は無い。。。殻だけ。。。中身は一体どこへ?
カラスや動物がとっては食べちゃったのかなって思って牧場のお姉さんに聞いてみると恥ずかしそうに「いや、近くのおばあさんが採って行きました。。。」
人工的に栗はなくなったのか。。。やるな おばあちゃんで、私は栗のトゲトゲした殻を投げて遊ぼうとしたら、ソッコーで指に刺がささりもだえました。
そういえば猿カニ合戦で誰だか忘れたけど、誰かが栗投げつけるシーンがあったでしょ?
昔は可愛い攻撃の仕方だなって思ったけど、こうやって体験すると随分酷い拷問だなって思いますね、本当に。

って話は外れましたが、今度はでっかいワンちゃん「さんちゃん」が部屋から出て来て めっちゃ早いスピードで走り回るは吠えるはで百丹佳は泣きましたよ、さすがに。
百丹佳はとっても強い子なので、転んでも注射しても絶対泣かないんですけどね、私も流石にちびりそうでした。
私の膀胱タンクがいっぱいだったらヤバかったです。

こうやって読み返すと、牧場という和やかな雰囲気な場所を私が書くととんでもない所になってしまう事にちょっと戸惑うMitsueでありました。

そして次に有名な豆腐工房のお店に行って
まず豆腐ソフトクームを食べました。本当にお豆腐の味がします。
さらにお好みで醤油つけて食べる事も出来るんですけど それが何か微妙でした。美味しいんだか、まずいんだかよくわからん。ソフトクリーム自体は美味しいですよ。
そしてそこの豆腐工房でママとオオママ(ママのお母さん)と自分達の為に豆腐買って今度はブルーベリー大福が美味しいって渡部さんが言うマーケットに行ってお買い物。
そこで車を降りた私たちモニカは渡部さんのとこに走っては勝手に手をつなぎはじめて
2人の後ろ姿をみておじいちゃんと孫に見えて来ました。

ブルーベリーはおしくも売り切れでイチゴ大福を買いましたが、これもとても美味しかったです。

そして私たちはイチゴ大福を食べながら温泉に向かいました。
渡部さんは他の汚い温泉に行くから3人で(光枝、百丹佳、涼さん)で温泉行っておいでと言うと
百丹佳は「そんな汚い温泉行かせない!」と言い張るんですけど、車降りた瞬間アヒルがいる小屋を見つけてそっちに興味をとられている最中渡部さんの車は
ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーン・・・(=ェ=`;)行っちゃった。

実はこの温泉混浴なのぉ?
勿論水着着用だけど
私実はね、ここで言わなくても良いんだけど、去年の夏に腰痛めて腰にサポーター巻いてたら、
お腹周りがとんでもない事に!!
合わなかったのかお腹がブツブツになっちゃたのぉおおおおおおおおおお
ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
で、今だに治ってない。。。っていうか病院行け。。。因に家族、涼さん、アシスタントみんなに言われてます。
だからもう、誰も言わないで。゚(゚´Д`゚)゚。

でも私が持ってる水着は殆ど2ピースのビキニ。。。
こんなん着れるわけない。。
そんな水着で温泉入ったら、変な病気と思われてみんな無言で温泉から出ちゃうかもしれん。
しょうがなく1つだけ家にあった1ピースでアニマル柄の奇抜な水着を着るはめにド派ですぎるぅ。。完璧に温泉でうくな、私。
因に百丹佳は中野にあるTACっていうスイミングスクールの水着太ももまであるレスリングで着るような感じの2人とも親子か?って思えるように全くと言ってよいほど合わない。

で、案の定若い女子達が私を見てヒソヒソ話( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )。
凸(゚Д゚#)ヤンノカコルァ!!

百丹佳と2人で露天風呂の男女混浴のお風呂に向かった(温泉男性、女性と分かれているお風呂(そこは裸で)と水着着用の混浴の場と分かれている)混浴の場に行ったら、男性(おじさん)が1人だけ入っていた。。。
なんかプールだとみんな水着なので恥ずかしくないが、混浴というだけになんか
はずい。
私と百丹佳がキャッ?キャッ?とはしゃいでいると涼さんが登場。
なんか別に普通。。
ワクワクするのかと思いきや( ´_ゝ`)フーン
別にそんな楽しくない。。

涼さんはさっさとのぼせて「じゃ俺男性専用風呂行って来る」
百丹佳はまだ混浴の所ではしゃぎたかった様子だったが、外が寒い為あんまり体が温まらないので私たちも室内(女性専用)に戻った。

自分の髪の毛を洗らう分にはそんな時間とらないが、百丹佳の髪の毛洗うとなるとかなり時間かかる。
髪の毛半端無く長いし、地毛がクルクルで髪の毛細いから半端無くひっかかる。
洗うのも一苦労だが、とかすのも一苦労。

やっと私たちは洗髪を終え、涼さんが待っているだろうと早く出た。
涼さんは入り口のリクライニングチェアーで爆睡。。。ZZzz…(。-ω-)。。ooO((【・:*:・夢・:*:・】))
チェアーは3台あったので百丹佳に寝よって説得して横になったが、百丹佳は涼さんにちょっかいだすはかくれんぼしだすはで、全く寝る気ないので しょうがなく涼さん置いてゲーセンに向かった。

そしてそこのゲームかなりつまらない、お菓子のUFOキャッチャーみたいの全然 品無いし、
どれもこれも景品がダサイわりには中々取れない。
そして「もぐらたたき」で必ず景品とってやるって思い、
「百丹佳、ママがこっち半分叩くからこっからここまでのモグラを叩いてね!」
って百丹佳に付属のハンマー持たせて、私は素手でモグラを倒そうと試みてみた。

が、しかし!!

何度モニカに言っても私が素手でモグラを叩いてる最中上からハンマーで私の手を叩いてくる
Щ(?д?)艸コラァァアアアアアアアアアア!!

まったく!誰に似たんだかっ!!

私は「ママ、つまんない!ゲームやめよう!!」ってモニカに言った
ま、実際つまんないんじゃなくて、ゲームでお金使い過ぎ。。。
モニカに「ねぇ、涼ちゃん、起こして来て。ご飯食べようって伝えてきて」

と伝えるとモニカは涼さんを起こして連れて来てくれた。

やっと食事。。。
温泉に入ったで結構お腹がすいた。

食事を終えてからコインでマッサージできるマッサージチェアーに座ろうと思って私のお財布を取り出そうとしたら。。。。無い!!
コートの中全部調べても無い!バッグの中調べても無い!

ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

本当に無い!!

お財布はこないだ買った蛇革の高い財布。。。
中には保険証。。。
銀行のカード2枚。。。
スイカ1枚。。。
整体の回数券。。。
現金7000円

バッグのもう1つのお財布に現金はまだあるので現金はまだあるのだが 蛇革の財布と保険証とカード類は全て帰ってこぬ物となった。

で、私がショックを受けていると∑(O_O;)Shock!!

ここで涼さんと大喧嘩してしまうのだ。

私的にはお財布を無くした事よりも楽しい温泉で涼さんと喧嘩してしまって事が悲しかった。

モニカは一生懸命私の財布を探してくれる。
さらには
「ねぇ、あの人泥棒みたいな帽子かぶってるよ!あの人が犯人かも!」
「あ、あの男の人ポッケに手突っ込んでるよ!あの人が犯人かも!」

って誰もを犯人にしてくれる。

「モニカありがとうね。でもそんな事で犯人て決めるのはよくないよ。
無くしたのはママがお財布ちゃんと持ってなかったから良くないの。だから人のせいにしないでね。
ママはきっとあのゲームの所で置きっぱなしにしちゃったんだよ。だからママがいけないの
だからそんな人を疑わないでね。」

そしてどうにかママのお財布を見つけてあげよう、ママを喜ばせようってモニカの愛を感じる事ができました。

随分とお店の人にもゴミ箱やら色んな所を探してもらっちゃって大変ご迷惑をかけたのでした。
そして渡部さんは車で夜7時半に温泉まで迎えに来てくれた

「渡部さんには心配するからお財布盗まれちゃった事言わないでね」
って涼さんとモニカに伝えて車に乗り込んだ。

モニカは内緒ねって話をすぐにばらすのでめっちゃ心配したが、渡部さんに言いかけそうになったが
私がギロって睨むと思い出したのか言うのをやめた。あっぶねぇ?(o´Д`)=з

って私がここで話してるから意味ないのだが、あの時は自分もショックなのでその事を思い出したくなかったんだもん!
しかも時も随分経ってるし、次の日に保険証も、銀行のカードもすぐに発行してもらったので私は大丈夫!!
というわけで心配は要らぬ!!

渡部さんは「温泉入って眠くなっただろうから寝ていいよ」って言ってくれたんですが、渡部さんと話に夢中になっていたら眠気がどっか行っちゃったので寝る事は免れた。
渡部さんに運転させて助手席で私が寝てたらシャレんないないもんなぁ

でも気遣ってくれて結構車飛ばしてくれて車のって45分には東京練馬区には着いていた。

はぇ?(゚ロ゚屮)屮

モニカが車の中で寝てしまったので玄関前まで車走らせて、涼さんはモニカをベッドまで連れて行ってくれたのでした。

いやぁ?日帰り温泉だったのに、なんか凄い充実した小旅行だったなぁ。

モニカも本当に喜んでいたし。
私と涼さんは日頃都会で仕事に追われ、疲れきっている最中
自然とふれ合い心を癒す事ができました。

渡部さんありがとうございます!!
そして自然よありがとう!!←くさい?

いやぁ、久しぶりの長文でした。
みっちゃん疲れた(o´Д`)=з
っていうかこれ最後まで読んでくださった方々ありがとうございます!!

ではまたサルサ場で♪

MITSUE

 

FIN

このページのトップへ 次のページへ コラムのTOPに戻る