日本ラテンダンスコンペティションとは?
【審査委員】について
サルホナイトとは!?

 

 

 


第15回日本ラテンダンスコンペティション募集要項と規程

 

開催日

2017年6月24日(土)

タイムスケジュール(案 ※変更になる場合があります)

11:30 出演者会場入場

12:30 予選会場OPEN

13:00 予選開始

17:00 予選結果発表

18:00 本選会場OPEN

19:00 本選スタート

21:30 表彰式

23:30 終了

 

開催場所

ザ・ルーム代官山

150-0021東京都渋谷区恵比寿西1丁目34−17 Za HOUSEビル3F

 

本コンペティションの位置づけ

本コンペティションは12/11からマイアミにて開催のWorld Latin Dance Cup 2017(以下 WLDC)の準決勝出場の予選(Qualify)の場です。※昨年までとは異なり、本コンペティションでWLDCへの出場権を得た場合は、同年のJSC経る必要はありません。

JSC2017の出演についてはJSC2017の規約にて別途指定いたします。

もちろん上記(JSC、WLDC)の出演を希望しない方でも応募し出演することは可能です。

また、本コンペティションの規定は上記WLDCの規定に準じていますが、同一というわけではありません。WLDC準決勝を目指す方は、別添のWLDCの規定書を参照し、その規程に基づいた選曲・振付構成をすることをお勧めします。

なお、規定に関しては今後変更することがありますのでご留意ください。

 

出場形態

ソロ、ペア(男女あるいは同性)、チーム

 

出演時間

ソロ、ペア2分以内、チーム2分30秒以内の楽曲

WLDC目指す場合はWLDC各部門審査基準へ変更を推奨します。

WLDCの時間規定は基本 1分30秒-2分以内です。

 

出演部門

全部門でプロ・アマ・ブロアマ複合-

☆サルサOn1ペア

☆サルサOn2ペア

☆バチャータペア

☆セイムジェンダー(同性) デュオ(2名)

☆メンズ ソロ

☆レディース ソロ

☆オールジャンルサルサチーム (ペアチームのみ ※1,2)

<On1, On2. キューバン, ルエダ, コロンビアン, Cha-Cha-Cha>

☆バチャータチーム (ペアチームのみ ※1,2)

☆ジュニア(中高生)ペア・ソロ

☆キッズ(小学生以下)ペア・ソロ

※1 チーム部門は振り付けの1分以上をペアワークとする。(シャインのみは不可)

※2 チーム部門の出演者は曲80%以上、踊っていること。

 

結果について

ソロ、セイムジェンダーは2位までペア、チーム各部門、3位までを入賞としメダルとトロフィーを贈呈します。

 

JSCの出演について

本年JSC出演は10/29(日)新たに開設するショーケースとして出演していただく予定です。

 

競技形式

予選 ソロ・ペア・チーム全出場者必須 

全ての出場者は各自で用意した自由曲部門をおどります。

ソロ・ペア(サルサ/バチャータ)は規定部門(楽曲提供 SHJ)にて既定のルーティンを含んだものを踊ります。

 

リハーサル

自由曲のリハーサル時間は特に設けませんが会場は当日11:30から使用可能の予定です。

会場OPEN前に場当たりなどでステージを使うことは可能です。DJからの音を出すことは不可です。

 

本選

ペア・チームは各部門 5位以上      ソロ/セームジェンダーは各部門3位以上

自由曲のみ踊ります。

本選では予選の点数の持越しはありません。

 

☆規定ルーティン

全てのソロ部門とペア部門では、複数組同時に、SHJの選曲する課題曲でSHJの指定する規定ルーティンをおどります。以下の「自由曲の部」と合わせペアの部門への参加者は2つの曲を踊ることとなります。

 

・サルサペア・ソロ規定ルーティン

ソロ・ペアダンス参加者 / ベーシックステップ / サイドステップ / クンビアステップ / ライトターン/ レフトターン

 

・サルサペア規定ルーティン

シングルライトターンリード / シングルレフトターンリード / クロスボディーリード / インサイドターンリード / アウトサイドターンリード

※バチャータについては別途お知らせします。

 

☆自由曲の部

全ての部門において、出演者の自由選曲の楽曲にて踊る。

 

振り付けについて

過去SHJが主催したコンペティションに出品していない作品。新作である必要はありません。

※以前のSHJコンペティション出場作品と同じでないこと。

 

申込締切

2017年6月5日(月)まで。

既定の申込フォームに記入の上、送信と入金を完了してください。

 

ステージサイズ

幅 7.2M × 奥行 4.5M (アクリルマット-サルホマット-使用)

 

【登録料について】

下記1,2の合計を参加人数分お支払いいただきます。

 

1.出演登録料金

5,000円/人(ジュニア 2,000円/人   キッズ 0円)

 

2.部門参加料金

・ソロ部門 4,000円/人 (ジュニア 1,000円/人、キッズ 1,000円/人)
・ペア部門 5,000円/ペア  (ジュニア 2,000円/ペア 、キッズ 1,500円/ペア)
・チーム部門 15,000円/チーム (6名まで) 7名以上1名増えるごとに2,000円/人

 

例1) レディース ソロで出場の場合
1.出演登録料 ¥5,000 x 1人  計 ¥5,000
2.レディース ソロ部門 ¥4,000×1   計¥4,000
合計¥9,000

例2) サルサOn1ペアで出場の場合
1.出演登録料 ¥5,000 x 2人  計 ¥10,000
2.サルサOn1ペア部門 ¥5,000×1ペア 計¥5,000
合計¥15,000

例3) バチャータチーム6ペア、12人で出場の場合
1.出演登録料 ¥5,000 x 12人  計 ¥60,000
2.バチャータチーム部門 ¥15,000×1チーム 計¥15,000
¥2,000×6人 計¥12,000  ※7名以上1人につき¥2,000
合計¥87,000

 

申し込み方法

既定の申込フォームに記入の上、送信と入金を完了してください。

登録料については、下記口座までお振込みください。

※ご入金の確認をもって申し込み完了となります。

 

【銀行名】三井住友銀行

【支店】六本木支店

【口座番号】(普)7199915

【口座名】ユ)サルサホットラインジャパン

 

審査について

コンペティション開催当日会場にて複数の審査員に同一の基準で各部門を審査し、その平均点を持って順位決定します。

 

審査基準について

on1部門/on2部門/バチャータ部門とも70パーセント以上の各部門ごとのペアワークテクニックが入ればリフト・トリック等の禁止・回数制限をせず楽曲調和のみ判断基準とします。

日本サルサダンスコンペティション通過後ジャパン・サルサコングレス出場の場合はラテンダンスカップ各部門審査基準へ変更を推奨します。

 

審査項目について

☆Timing

曲のリズムとステップのカウントがあっているか、ベーシックやクロスボディーリード等基本的な動きが一定で登録部門・曲のタイミングにあっているかを評価します。

 

☆Technique/Difficulty

技術に関する評価です。ソロ、ペアに係わらず技術的に破たんなく、演じている技術がスムーズに実行できているか、演者の動きに無駄がなく演者に応じた難易度のある技術をこなしているかを評価します。

 

☆Connection/Synchronization

ペアワークに関する評価となります。※ソロは除きます。

ペアとしてコネクション・シンクロが成立して振付ありきでバラバラに踊っていないかを評価します。

 

☆Choreography/Musicality

曲に対して振付が適切な内容で流れができているか、音楽から外れた動きをしていないかを評価します。

 

☆Showmanship

観客に対して自身の演目を訴えていることができているか、また周囲への配慮があり、衣装などが不愉快なものでないかを評価します。チーム部門としては入退場などそろっているか等オーガナイザーとしての評価もこの項目に入ります。

 

審査ポイント

☆Timing

出演部門のカウント(On1,On2)から外れていないか?

ベーシックステップのブレイクポイントが外れていないか?

意図的に外す場合以外に、全体を通して一定のリズムが保たれているか?

 

☆Technique/Difficulty

動作の精度が保てているか?

動作に関してボディーバランスは保てているか?

腕や手の使い方に不自然なところがなくスムーズに使えているか?

 

☆Connection/Synchronization

リード、フォローが成立しているか?

意図しないところで、手が離れないか?

ペアでのシンクロができているか(シャイン等)?

 

☆Choreography/Musicality

全体として、曲と振付があっているか?

楽曲の特徴的な音楽表現をいかしているか?

意図せずに音と踊りがずれていないか?

 

☆Showmanship

目線が泳いでいないか?

衣装か不快感を与えていないか?

観客やパートナーへのリスペクトがあるか?

チームとしてステージ上でオーガナイズされているか?

衣装の注意点は以下となります。

各人のデリケートゾーンが透明でない素材でおおわれている必要があります。ジーンズは不可です。女性の場合はスカートかドレスをお勧めします。また男性は出来るだけ衿のある服の着用をおすすめします。これらは全体的な印象として審査員に判断されます。

 

採点方法

☆各審査基準に対し審査員は100点を持ち点とします。

☆審査員裁量により各審査基準へ逸脱したと認められる競技者の演技に対し減点方式を取ります。

☆減点ポイント

・競技者の演技の流れで起こる各逸脱があった場合。

・競技者が演技を競技者の不都合により明らかな演技が停止した場合。

☆審査員の採点結果は最も高得点を採点した審査員と最も低得点を採点した審査員の採点結果をカットした採点合計を最終得点結果とします。

☆チーム部門に関しては出演人数6名を基準として1名増えるごとに総合点に加点します。

 

例外事項

主催者側の機械・技術的問題により競技者の演技を妨げた場合は速やかな再演技を可能とする又それには審査員の過半数以上の賛成を必要とする。

 

【予選規定ルーティン定義】

審査理由

身体の操作技術と理解:スポーツは怪我を如何に防ぐかがとても大切になります。身体を多いに動作させるダンスも同じです。そしてサルサ(ラテン)ダンスは他のダンスに比べて動き速く・大きい又ペアダンスを多く含むため自重以上に負荷がかかります。しかしながら他のダンスに比べてサルサ(ラテン)ダンスはダンサー自身の知識・準備が整わない状態が続いています。

そこでコンペティションを通じて、ダンスに必要な知識と準備、相手を伴う上で知っておいて頂きたい事柄を見直し、怪我をしない怪我をさせないダンスを目指します。

 

審査方法

主催者提供楽曲(事前発表)で同時に複数組(5組程度)踊る。

 

審査規定ルーティン

ソロ・ペアダンサー

①ベーシックステップ

②サイドステップ

③クンビアステップ

④ライトターン

⑤レフトターン

 

ペアダンサー

①シングルライトターン

②シングルレフトターン

③クロスボディーリード

④インサイドターンリード

⑤アウトサイドターンリード

※上記のルーティンは必須のもので上記のルーティン以外を行うことは可能ですが、審査には上記ルーティンのみが反映されます。

 

審査項目

①股関節・膝・足首・爪先  下半身の外転/内転筋のバランスと使い方等

②首・肩・両腕       僧帽筋/上腕筋のバランスと使い方等

③上体姿勢         広背筋/外内腹斜筋/胸筋と仙骨・背骨・肋骨のバランスと使い方等

 

採点の配分

予選では規定ルーティン・自由曲審査を行います。

規定ルーティンは審査項目をA/B/C/D各グレードで採点します。

規定ルーティン採点はAグレード65点/Bグレード60点/Cグレード55点/Dグレード50点の基礎点を得ます。

その基礎点から審査委員は各コンペティターの予選自由曲審査を始めます。

 

※ペアダンサーは横に並びで行う。尚必須ではありませんがペアで脚を踏み替え揃えることをお勧めします。

※スタイリング等審査しませんが審査委員・観客への意識を持つ様にして下さい。

※決勝戦は予選の採点を持ち越しません。決勝戦は全ての選手の基礎点を65点とします。

 

【予選規定ルーティンの説明映像】

2017.4.23(日)に開催【コンペティションの為の対策講座【2部制】 ~コンペティションに挑戦する意義・準備・心構をどう考えるか~】の第2部の映像抜粋です。

当日参加できなかった方は、上記講座のフルバージョンの映像をご購入いただけるとダウンードしてご覧いただけます。

ご希望の方は、宛先 info@salsa.co.jp まで、件名を「コンペティションの為の対策講座映像ダウンロード希望」とし、下記事項をご連絡ください。

 

【お申込み内容】

□1部 海外のコンペティションの状況と必要な準備 ¥2,000
講師:日本サルサ協会理事 武永実花/SHJ代表 村山健太郎

□2部:コンへティションの審査基準とポイント ¥3,000
講師:日本サルサダンスコンペティション審査委員長 Pedro/副審査委員長 武永実花

□1部&2部セット ¥4,000

 

【お振込み先】

三井住友銀行 六本木支店 (普)7199915  ユ)サルサホットラインジャパン

 

【お申込み者情報】

氏名:
TEL:
E-mail:
お振込み予定日:
備考:

 

【予選規定曲について】

ソロ規定曲 El Pirulero / El Gran Combo

 

ON1規定曲 La Salsa Nunca Se Acaba / Susie Hansen

 

ON2規定曲 Fruko & Sus Tesos – Tihuanaco

※ON2規定曲につきまして、4/28に発表したものと変更になりました。

 

第15回日本ラテンダンスコンペティション お申し込みについて

以下の「 第15回日本ラテンダンスコンペティション申し込みフォーム」ボタンをクリックして、必要事項を入力してください。

※スマートフォンからアクセスする場合は、必ず、ブラウザアプリ(chromeや、safari)で、本ページを開いてから下記ボタンを押してください。LineやFBメッセージの簡易ブラウザでは、画像の添付の際に不具合がございます。


 

 

上記、お申込みフォームが使えない場合は、以下よりExcelファイルをダウンロードの後、必要事項を入力の上、info@salsa.co.jp まで添付してお送りください。 その際の件名は、「2017ラテンダンスコンペティション申込」としてください。

 

 

 

 

 

以上ご質問のある場合は SALSA HOTLINE JAPAN(SHJ)までお気軽にお寄せ下さい。

TEL  03-5411-4818             E-mail  info@salsa.co.jp